歯初診(歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準)

初診・再診料の減点がはじまりました

以下の新しい施設基準への対応をおすすめします。

歯初診(歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準) → 若干の増点になります。

外来環(歯科外来診療環境体制加算) → 歯初診よりもさらに増点ができます。

2018年(平成30年)春の診療報酬改定により、上記の施設基準を満たさない歯科医院は10月から初診料・再診料の減点が始まっています。これは、全ての保険診療に影響を与えてしまうマイナス改定となります。

新しい施設基準「歯初診」への対応

平成30年の10月から新しい施設基準である歯初診(歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準)の届出がない医院は、初診料が234点から226円へ、再診料は45点から41点へ減点となります。表にあるように新基準の届出をした医院は、逆に初診料が237点と再診料は48点に若干の増点がされます。その差は初診料11点と再診料7点とわずかな差に感じられますが、全患者さんの保険診療が対象になるために半年や1年経つと大きな差になっていきます。

さらに、外来環(歯科外来診療環境体制加算)を取得すると、その差は初診料34点に再診料10点とさらに開いていきます。

今回の新施設基準は、外来環の内容に包含されます。
口腔外バキュームなどの追加機器が必要となりますが、新規開業の医院でも「歯初診」だけではなく、「外来環」をセットで取得するケースが増えています。

詳しくは他ページもあわせてご参照ください。
外来環(歯科外来診療環境体制加算)
か強診(かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所)

「歯初診」に必要なもの

新施設基準の届出にあたりハードルが高いのが、施設基準にある③処置ごとの滅菌済みハンドピース②および⑤院内感染防止対策に係る研修です。

【研修の受講】

②および⑤の研修については、以前よりも高頻度に研修が開催されるようになりました。受講料金も以前は5万円ほどかかりましたが、近ごろは1万円程度で実施されています。毎月どこかで受講をすることができます。

※平成30年度中(2019年3月末)までは研修の受講は猶予されますので、早めに新施設基準への届出をしてメリットを享受しておくことをおすすめします。

【治療ごとの滅菌】

そして、最後に問題となるのが③のハンドピースの調達です。
診療品質にも関わる重要な部分でありますが、非常に高価なものを大量に必要とします。1日数回の滅菌作業をおこなうとしても、1日来院数の半数ほどの準備が必要です。こちらも、互換性のある外国製品が増えています。欧州や米国から中国製まであります。品質の向上もめざましいために、従来からの高価な純正製品によりハンドピースを揃えることも、現実的ではなくなりつつあります。

※当社では各種ハンドピースも準備しています。

【定例報告】

平成30年度は不要になりますが、平成31年度以降は下にある書式にて定例報告が必要となります。報告の内容は、患者数、滅菌回数、ハンドピース数、ユニット数などの診療状況を記入します。

歯初診(歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準)
[施設基準]
① 当該保険医療機関において、院内感染防止対策が行われていること。
② 感染症対策等の院内感染防止対策に係る研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。
③ 口腔内で使用する歯科医療機器等に対する、患者ごとの交換や専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等の十分な感染症対策を講じていること。
④ 感染症患者に対する歯科診療に対応する体制を確保していること。
⑤ 院内感染防止対策に関する研修を定期的に受講していること。
⑥ 当該保険医療機関の見やすい場所に、当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、歯科診療に係る医療安全対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。
⑦ 院内感染防止対策等の体制を地方厚生局長等に報告していること。

[経過措置]
⑤については平成31年3月31日までは要件を満たしているものとして取り扱う。
※ 地域歯科診療支援病院歯科初診料については、現行の施設基準に同様の基準を追加