過剰投資は不要!

歯科ではありがちな話です。
必要な投資はおこなうべきですが、実情は過剰投資でお金の無駄遣いになっています。歯科では、特にモノに関連した投資が目につきます。限りのある貴重な事業資金の大半をモノに使うと、バランスを欠く明らかな過剰投資になります。
いったい何が必要で、何が過剰になるのでしょうか?他におこなうべき必要な投資とは何があるのでしょうか?

大は小を兼ねない

「今すぐには使わなくても…、将来を見越して」とか、「地域で最新の高機能機器」という謳い文句で、過剰な投資がおこなわれがちです。
時間経過で陳腐化する最先端機器は、今すぐ使わないものであれば損をします。後からさらに安価で高機能な製品が登場するからです。

患者さんに対しても、最新設備を医院の良さとしてアピールした場合は注意が必要です。近隣にさらに新しい最新設備を揃えた医院ができたら、そのような患者さんはそちらに転院してしまいます。今まで最新設備を理由に他院から集めた患者さんは、同じように新しい他の医院が気になるからです。
同じ機器であれば、先に購入した場合の方が、どうしても高価格になりがちです。将来を見越して過剰な設備投資をすると、身動きが取れなくなってしまうのです。

損益分岐の重要性

歯科の投資には、どうしても固定支出を伴う設備産業的な側面があります。当初の損益分岐の前後では、全く経営状況が変わります。
赤字の状態から早く抜けることで、いきなり高収益の黒字経営が始まります。黒字化後の医業収入増加に伴う経費は、技工・材料費が中心となり、残りの大半は利益になります。

医院経営が黒字化した段階で、再び設備の投資をおこなうのであれば、資金的にも安心をして自由に好きな購買ができます。

そのためにも、当初から過剰な投資をおこなうと、損益分岐点が上がってしまいます。高い損益分岐点のために、医業収入を確保するために診療が歪められたり、黒字化が遅れてしまうことは健全な経営ではありません。唯一の対策は、初期投資で固定支出となるモノの購買費用をできるだけ抑えることです。

モノではなく、ヒトやコトに投資

歯科ユニットをはじめとする設備には余裕があるのに、来院する患者さんは少ないしスタッフも雇えない。
開業して数ヶ月から数年後に、このような歯科医院が見受けられます。モノに過剰投資した医院にありがちなマイナスのスパイラルです。

スタッフをはじめとするヒトや、告知やイベントなどコトが、患者さんを集めて増やしていきます。マイナスのスパイラルが進行してますます辛くなるのは、ヒトやコトに投資をする余力がなくなるからです。設備が患者さんを集めて、維持をするのではないからです。

これが、私たちの製品に対してコストパフォーマンスに注力する理由です。モノの投資額を減らし、柔軟な構成や必要機能にはできるだけこだわります。

 

あわせてぜひお読みください。

まずご覧ください!

値引きはしません!