口腔外バキューム ジェットアーム JETARM

外来環(か強診)対応の口腔外バキューム

外来環(歯科外来診療環境体制加算)およびそれに関連するか強診(かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所)などの施設基準では、口腔外バキュームの配備が必須となっています。

院内の感染防止対策の施設基準への対応の有無により、

・施設基準への対応に応じた加算点数

・平成30年10月から未対応医院診料・再診料が減点
 (施設基準への対応医院は増点)

同じ処置をおこなっていても、施設基準への対応で医業収入が異なるという、歯科医院の経営課題となりました。

チームフォーチュンでは外来環に対応した、口腔外サクション(口腔外バキューム)としてJETARM(ジェットアーム)を販売しています。移動式であるために、これまでも1台を購入するだけで今までも多くの歯科医院が外来環の取得をおこなっています。

口腔外バキュームにはそれぞれのユニットごとで設置が必要となる固定型タイプもありますが、ジェットアームは診療室に1台の配備で済みますです。当機種を導入することにより、外来環か強診などの施設基準をクリアすることができます。

ジェットアームの特徴

歯科用サクションには、診療用・口腔外用・技工用の3種類があります。今までは歯科ユニットに付属する治療用の「サクション」が一般的でありましたが、ジェットアームは口腔外用のサクションとして開発されました。

治療に伴って口腔外に漏れる切削浮遊粉塵は、周囲の患者さんや歯科医師とスタッフが吸引してしまいます。粉塵の中にはB型・C型肝炎やHIVなどのウイルスも含まれるため、周囲にいる方々の健康に悪影響をおよぼす場合があります。口腔外サクション(口腔外バキューム)は切削浮遊粉塵を、患者さんの口元で吸引することを目的に開発され、診療室内を清潔で安全な空間に保つことに役立つ機器です。

技工に伴う印象材・石膏・レジンの粉塵を吸引する技工用サクションとは目的や構造が異なります。
ジェットアームは既存の製品よりも吸引力が強いために、技工用サクションとしても使われる医院もあるようですが、使用するごとにフィルターの清浄が必要になります。様々な診療スタイルに対応するために、標準フードの他にスコップ型フードも用意されています。

209,800円(税別)
在庫あります!
<ご購入はこちら>


スタンダード(標準)型とスコップ型フード

〔JETARM仕様〕
・本体サイズ(アーム除く):W320×D320×T850mm
・アーム全長(本体除く):1385mm
・重量:30Kg
・電源:AC100V 1300W(3Pコンセント)

医療機器認証番号:第229AFBZX00028000号